第5回受賞作品

株式会社NBFオフィスマネジメントが主催する「第5回NBFフォトコンテスト」にたくさんのご応募をいただきまして、誠にありがとうございました。

第5回のテーマ「思わず撮っちゃった!」にご応募いただいた作品総数は、なんと672点でした!!
昨年の倍近い応募数に、審査委員長そして事務局共々、感謝感激いたしております。

今回5周年を記念しまして、最優秀賞1名、優秀賞6名、NBF賞16名、参加賞30名と受賞作品数を大幅アップすることといたしました。
受賞されたみなさま、おめでとうございます!

選考ポイント

益田 準也

審査委員長: M7 inc. 益田 準也(マスダ ジュンヤ)

代表取締役社長
クリエイティブ・ストラテジスト
クリエイティブ・ディレクター

NY Festival Advertising Award 09,10 審査員
WEBBY AWARDS 2010 〜 ’17 審査員

誰もが気軽に写真を撮れる時代だからこその「思わず撮っちゃた」。
今回は選考にあたり、写真のクオリティーだけでなく、視点のユニークネスやその写真に込められたストーリー性も大切にしました。
写真を見て、皆さんがくすっと笑ったり、元気になったり、癒やされたり。思わず「いいね!」と押したくなるような共感される作品を選びました。

最優秀賞 旅行券5万円分


「Flying Flog」

トーテムポール 様(NBF松山日銀前ビル)

作品コメント
通勤中にふとフロントガラスにカエルが。路肩に駐車して、思わず撮っちゃいました。片道30分を同乗して通勤しました。
審査委員長からのコメント
家族やペット・風景をモチーフにする作品が多い中、視点がとてもユニークな作品です。
通勤中という日常に、「偶然の出会い」と「小さな幸せ」が表現された1枚だと思います。一緒にカエルと通勤した様子を想像すると思わず心がほっこりしました。

優秀賞 旅行券1万円分

「思わず見上げた!」

Tak 様(NBFコモディオ汐留)

作品コメント
香港にある超密集団地Quarry Bayを観に行った時に撮影した写真です。
審査委員長からのコメント
雄大な写真で、思わず見上げたことに納得しました。

「東京湾のスポットライト」

チバニアン 様(住友電設ビル)

作品コメント
千葉県の鋸山に登った帰り道、雲の合間から東京湾に差し込む光が見えました。大型船に太陽の光が当たり、まるでスポットライトの様でした。
審査委員長からのコメント
陽の光に照らされた東京湾がとても綺麗です。まるで、太陽が大型船を導いているようですね。

「小人」

巨人ママ 様(NBF渋谷イースト)

作品コメント
娘が寝ているところを眺めていると、とても小さく見えることに気づいて思わず撮影しました。
審査委員長からのコメント
日常の一コマを、上手に撮影した1枚です。お子様を見守る姿が目に映ります。

「ブームはシャンシャンらしいワン」

たけむ 様(シーノ大宮ノースウィング)

作品コメント
まるで牛のような白黒模様の愛犬ジャック。世間ではパンダのシャンシャンがブームとなってどこか恨めしそうな1枚。
審査委員長からのコメント
よく発見しましたね。模様もとても似ていますね。また、ジャックのカメラ目線が、とても可愛らしい作品です。

「クールビズ」

じろー 様(NBF札幌南二条ビル)

作品コメント
タイミングよく撮れました。
審査委員長からのコメント
きっと熊も、暑くて思わず被ってしまったのでしょう。タイミングがばっちりでしたね。

「何だかわかりますか?」

ちょうさん 様(NBF高輪ビル)

作品コメント
正解はNBF高輪ビルの階段です。ビルの階段を登っている時に、ふと見上げた構図が何とも幾何学的に見えたので撮影しました。
審査委員長からのコメント
「まさか、いつも使っている階段が」と誰もが驚くユニークな視点の作品です。

NBF賞 旅行券5千円分

「ゲット」

ケイ 様(NBFプラチナタワー)

作品コメント
ポケモンGOで人が賑わう上野公園にて。小さなスズメが、両腕を伸ばした少年の上にとまり、思わずパシャリせずにはいられませんでした。ポケモンをゲットしに行った公園で、思わぬナイスな光景をゲットできました。
審査委員長からのコメント
少年の驚いた顔が、想像できます。とても貴重な1枚をゲットされましたね。

「泥棒ネコ」

おこげ 様(シーノ大宮ノースウィング)

作品コメント
海で魚釣りをしていたら、釣った魚をネコが盗もうとしていたので、咄嗟にカメラで写真を撮りました。あっという間に魚は食べられてしまいました。
審査委員長からのコメント
人も魚も盗られるとは思ってなく、猫もまさか撮られているとは気が付かない、まさに思わず撮っちゃった(盗っちゃった)写真ですね。

「朝日を迎えに」

つぶあん 様(NBF御茶ノ水ビル)

作品コメント
雪原の上を東に向かって歩くキタキツネの足跡を見つけて、思わず撮っちゃいました。
審査委員長からのコメント
太陽と雪、そしてキタキツネの足跡と、自然の雄大さを感じる作品ですね。

「日の出前の一瞬」

住光丸 様(NBF虎ノ門ビル)

作品コメント
1月3日日の出まで40分待つ。寒くて日の出が待ちきれず撮影した1枚。うねりの波が神磯の鳥居を覆う。日の出の写真も良いが、朝の青白い光と朝焼けのコントラストも好きです。
審査委員長からのコメント
朝焼けと青白い光、白い波がとても絶妙です。鳥居にかかる波のうねりも綺麗ですね。

「いろいろパラダイス」

ポッサマ 様(つくば三井ビルディング)

作品コメント
義妹がグアムで結婚式を挙げた時の写真です。海辺でドレスとタキシードを着て記念写真をとっている近くで現地のカップルが並んで日光浴をしていて2組の対比が面白いなと思い写真を撮りました。
審査委員長からのコメント
2組のカップルの対比がとてもコミカルな作品ですね。皆さんが笑顔になれる作品です。

「ハンティングの直前に」

しん 様(NBF札幌南二条ビル)

作品コメント
歴史ある旧市街の一角でゴロゴロ寝ている人間に慣れた猫。獲物が近づくと同時に素早くハンティングの準備を始め、動物の険しく凛々しい表情が垣間見えた瞬間。
審査委員長からのコメント
今にも飛びかかりそうな、まさに瞬間を捉えた1枚ですね。猫の日常を捉えた1枚ですね。

「恋におちちゃった」

hanachel 様(サンマリオンNBFタワー)

作品コメント
初詣。人の少ない時期にゆっくりとお参りしました。今年は良いことありますように。帰りみち、ベンチに座ってふと足元を見ると、ハートの花びらが落ちていて、思わず撮っちゃいました。今年は良い年になりそうだ。
審査委員長からのコメント
さっそくご利益がありましたね。ふと足元を見た時の幸せそうな表情が目に浮かびます。

「黄昏れるリャマ」

さとみん 様(NBF名古屋広小路ビル)

作品コメント
旅行でマチュピチュに行った時、ちょうどいいタイミングでリャマが崖の縁に立ってたので思わずパシャリ!
審査委員長からのコメント
綺麗な景色にたたずむリャマが、とても印象的です。

「雪の赤信号」

湯 様(NBF池袋シティビル)

作品コメント
大雪の中、東京タワーより映えていた信号機を発見。思わず撮ってしまいました。
審査委員長からのコメント
赤信号を選んだことで、より映える1枚になりました。日常でありながら、東京では非日常的な雪が降る情景を撮影したのが素晴らしいです。

「秋の放水」

海苔 様(NBF浦和ビル)

作品コメント
秋の紅葉を見に行きましたが、丁度火災訓練をしていて秋の紅葉と世界遺産を守るための訓練模様を思わず撮影させて頂きました。
審査委員長からのコメント
きっと壮大だったことでしょう。目に焼き付けたくなる景色に惹きつけられます。

「真冬はこいつに限るなー。」

nekoneko 様(堺筋本町センタービル)

作品コメント
夏に我が家にやって来た兄弟猫!初めての冬に初めてのストーブ!最初は何者かわからず近寄らなかったのに、次第に暖かさに気付き、、並んで肩に手を掛けてる姿が会話しているようで、思わず後ろ姿をパシャリ。
審査委員長からのコメント
仲の良い兄弟猫は、どんな会話をしているのでしょうか。肩に掛けた手がとても可愛らしい写真です。

「奇跡の犬拓」

むぎ 様(芝NBFタワー)

作品コメント
犬をシャンプーして中庭に出したところ、なぜか魚拓ならぬ犬拓が出来ていました! 乾く前にスマホを手に取り「思わず撮っちゃった!」
審査委員長からのコメント
犬拓がきれいに採れていますね。後もしっかり残っていて、絶妙なタイミングで取れてます。

「タートルネックの正しい着替え方!」

King 様(新宿三井ビルディング二号館)

作品コメント
着なれていないタートルネックに着替えてる一コマです。
審査委員長からのコメント
何気ない日常の中で、楽しい親子の関係が想像できました。コミカルな中にも、幸せを感じる作品です。

「ザ・紅葉!」

リンキン 様(NBFプラチナタワー)

作品コメント
イチョウの絨毯とベンチを見てこれは撮らねば!と。イチョウの撮影に来ていた見ず知らずの年配の方にも撮っていいか聞かれ、お気に入りの一枚が撮れました!
審査委員長からのコメント
親子の微笑ましい写真です。年配の方にも思わず伝染しちゃいましたね。

「覆面レスラー現るっ!!」

chiyurito 様(新宿三井ビルディング二号館)

作品コメント
家族でたこ焼きパーティーをしていると…覆面レスラーが顔を出し熱がってたのでそこをパシリッ!!
審査委員長からのコメント
覆面レスラーもまさか見つかるとは思っていなかったかもしれません。きっと、家族の会話も弾んだことでしょう。

「あまりの美しさに思わず・・・」

ゴンゴン 様(NBFコモディオ汐留)

作品コメント
年末年始のイラン旅行で訪れたピンクモスク。朝日が差し込むステンドグラスのあまりの美しさに思わずパチリ。日常を忘れ一生の思い出になる初詣でした。
審査委員長からのコメント
とても優美な1枚に、目を奪われました。ステンドグラスの反射が、絶妙です。

参加賞

惜しくも受賞を逃された応募者の方を対象に厳正な抽選を行った結果、次の30名様に参加賞を贈呈いたします!

  • まつなわゆうき様
  • トミー様
  • U.K様
  • きたお様
  • きにゃこ様
  • がみお様
  • タッキー様
  • KS様
  • よしやま様
  • シーギリヤ様
  • KLM様
  • おもち様
  • Q太郎様
  • ポンコツ様
  • まっちゃん様
  • はやし様
  • kona2様
  • mangostine様
  • 92ka3様
  • とときた様
  • アブダビ様
  • 2018年勝ち続けます様
  • にの様
  • ペンタゴン様
  • ヒロさん様
  • YUKA JETS様
  • kaori*様
  • G・G様
  • Yoko Oyamada様
  • ずんだ様