第7回NBFフォトコンテスト
第7回NBFフォトコンテスト

審査結果発表! 審査結果発表!

たくさんのご応募ありがとうございました。
応募総数556点でした。
厳正な審査の結果、次の方々が受賞されました。
おめでとうございます。

第7回NBFフォトコンテスト
第7回NBFフォトコンテスト
第7回NBFフォトコンテスト

最優秀賞 ギフト券5万円分 最優秀賞 ギフト券5万円分

私のオールブルー
monet様(芝NBFタワー)
私のオールブルー
作品の説明
最初は人混みだったこのエリア。夢中で写真を撮っていたらいつの間にか貸切に。テンションが上がって思わず飛び跳ねた時にたまたま撮ってもらっていたお気に入りの写真♪
審査委員長からのコメント
この子もまるで魚になったような、絵のように美しい決定的瞬間。少女の後ろ姿からでも、その表情が容易に想像できる。これを見るすべての人の顔を綻ばせる力をもった写真。

優秀賞 ギフト券2万円分 優秀賞 ギフト券2万円分

年始の集会に出席
まい様(サンマリオンNBFタワー)
年始の集会に出席
作品の説明
実家近所の猫集会に寄って年始の挨拶をしてきました。
審査委員長からのコメント
猫の神殿の守護神?! パワースポット?! といろんな想像をさせるのがすごい。
無料のジェットコースター
畠野様(興和西新橋ビルB棟)
無料のジェットコースター
作品の説明
近所の公園でも子供にとってはジェットコースターのように楽しい遊具です。これからも子供の笑顔を絶やさぬよう。仕事も遊びも全力母ちゃんで頑張ります。
審査委員長からのコメント
まるで人生は滑り台のよう?! 籠で守られた世界を飛び出すと人生アッという間?! この子がもっている彩豊かな明るい未来を感じる。
ビニール傘越しの宝石
清水拓哉様(NBF豊洲キャナルフロント)
ビニール傘越しの宝石
作品の説明
雨の日の愉しみは、ビニール傘越しに見える宝石を撮ることです。カメラの向こう側にたくさんの宝石が見えます・・・
審査委員長からのコメント
カメラを使うことで、普段の何気ない光景が全く違う見え方をしてくる。そんな発想の転換、アイデアがいきている。
工場の夜
むっしゅ様(NBF高輪ビル)
工場の夜
作品の説明
夜のギラギラした人工構造物が大好きなので、休日に撮りに行った時の写真です。
鉄骨も煙も水面もお気に入りです。
審査委員長からのコメント
現実とは思えない別世界の光景。肉眼ではこう見えません。機械の目を使ってようやく見える世界。それを知る作者の実力の賜物。

NBF賞 ギフト券1万円分 NBF賞 ギフト券1万円分

オフは富士山撮影で
リフレッシュ
えいちゃん様(NBFプラチナタワー)
オフは富士山撮影で
作品の説明
オフは富士山撮影スポットを巡っています。この日は早朝から富士山に巨大吊るし雲が出現。極寒のなか富士山撮影に出動、既に多くのカメラマンが撮影中でしたが、いい写真が撮れて満足の1日でした。
審査委員長からのコメント
美しい富士山だけでいいのに、そこにいる人々も一緒に写し込む。皆で美しい風景を共有することの方が大事だと考えさせる一枚。
悠々閑適
アキ様(サンマリオンNBFタワー)
悠々閑適
作品の説明
穏やかに、自由気ままに散歩する鹿。
奈良のゆったりと、心静かな空間の1コマを撮りました。
審査委員長からのコメント
画面の半分以上が水に映り込んだ幻想的な世界。まさに神の使いが、別世界からやってきたようにも見える物語のある一枚。
落ち葉に夢中
Kくんママ様(三井住友銀行名古屋ビル)
落ち葉に夢中
作品の説明
お揃いのコーディネートでお友達と公園デート。
初めて見る落ち葉の絨毯に大興奮してる息子たちを撮りました。落ち葉と洋服のカラーがマッチしている所がお気に入りの一枚です。
審査委員長からのコメント
何かに夢中になる子供の背中は、平和の象徴。この後ろ姿だけで、様々なことを想像させてくれる。
休日は山
まえだまえだ様(NBF浦和ビル)
休日は山
作品の説明
休日はよく登山に行くのですが、写真はちょうど紅葉のピークを迎えた涸沢です。草木の色も鮮やかでしたが、それ以上に光り輝く約1000張りのテントも圧巻でした。
審査委員長からのコメント
一瞬発光する苔かと思ったら、秋のハイシーズンの高山の様子。美しい紅葉ではなく、これを選んだ感性に一枚。
日の出ドライブ
hirof様(NBFコモディオ汐留)
日の出ドライブ
作品の説明
腰痛防止のため体幹を鍛えるため山へ
ホームは丹沢山系塔ノ岳
ヤビツ峠中腹の菜の花台で一息
愛車に映り込む日の出がステキでした‼︎
審査委員長からのコメント
美しい風景にカメラを直接向けずに、反射した世界を写し撮った感性とアイデアが素晴らしい。写真の定石を分かった人。

審査員特別賞 ギフト券1万円分 審査員特別賞 ギフト券1万円分

そうだ、直島へ行こう。
タピオカ刑事様(中之島セントラルタワー)
そうだ、直島へ行こう。
作品の説明
社会人になって、なかなか予定が合わないけど、会えばすぐにあの頃に戻れる大学時代の仲良し8人組。この写真は、お互いが自然体でいられる私たちにぴったりの写真だと思います。
審査委員長からのコメント
青い空、若者と示し合わせたような青と白の服、大海原に漕ぎ出す白い船。若さと明るい未来を予想させる眩しい一枚。

特別賞 ギフト券5千円分 特別賞 ギフト券5千円分

go on a TRIP!!
[TOMOHIRO]様(NBFコモディオ汐留)
go on a TRIP!!
作品の説明
旅行先でもカメラがあると2倍楽しい。
審査委員長からのコメント
写真の原理をちゃんと分かっている人にしかできない遊び。それと、それに付き合ってくれる仲間を持っている人。

参加賞 参加賞

惜しくも受賞を逃された方を対象に厳正な抽選を行った結果、次の30名様に参加賞を贈呈いたします。

  • みー様
  • あさり様
  • 坂元瑞稀様
  • ななこ様
  • おかゆ様
  • はやし様
  • ゆーすけ様
  • norisuket様
  • そらお様
  • くまり様
  • なぎさ様
  • さくら様
  • 坂口様
  • じょう様
  • 笹沼東一様
  • chocolat様
  • アルコ様
  • ふなばし姉さん様
  • ちーぱぱ様
  • おその様
  • あちゅこ様
  • カチカチ山様
  • ちゃんさん様
  • ゆ様
  • じじ様
  • pikorurimay様
  • すん様
  • 丸山様
  • ゆーこ様
  • とらべらー様

※今回の募集要項にて、「各部門賞」の新設をご案内しておりましたが、諸般の事情により昨年同様の各賞選考とさせていただきました。また昨今の状況に鑑みて、賞品を旅行券からギフト券に変更させていただきました。
結果発表の遅れと合わせまして、お詫び申し上げます。何卒ご了承ください。

総評 総評

菅沼 比呂志

うまい写真といい写真。そんなことを考えさせられました。スマホの普及とカメラ機能の高性能化によって、誰もがプロ顔負けのうまい写真を撮れるようになり、今回そんな写真がたくさんあるのに驚きました。しかし、私が惹かれたのは、たとえ下手でも、その人にとって大切な瞬間やかけがえのないものが写っている写真、様々な想像を掻き立たせてくれる写真でした。

審査委員長 菅沼 比呂志

菅沼 比呂志Hiroshi Suganuma
インディペンデントキュレーター/
1987年株式会社リクルート入社。1990年若手アーティストをサポートするギャラリー「ガーディアン・ガーデン」の立上げに参加。以後、若い世代の新しい表現を求めた公募展「写真/グラフィックアート『ひとつぼ展』」(1992~2008年)、写真/グラフィック「1_WALL」(2009年~)、新たなドキュメンタリーを模索し、若いまなざしで日本を記録するプロジェクト「フォト・ドキュメンタリー『NIPPON』」(2004~2006年)、近隣アジア諸国の若手写真家を紹介する「アジアン・フォトグラフィー」(1994年~)等の企画制作に携わる。また、中国、韓国、台湾、英国等でも展覧会の制作やポートフォリオ・レビューのレビュアーをこなす。
2017年よりフリーランスに。武蔵野美術大学・日本写真芸術専門学校・東京工芸大学・日本デザイナー学院非常勤講師。